噛み合わせを手術で直す

スポーツ選手に歯を大事にされる方が多いというのはよく聞かれることですね。ここぞという時に奥歯でぐっと噛み締めて、力を発揮するということで体調管理もさることながら、歯科検診を大事にしている選手が多いそうです。普段でも噛み合わせがしっくりこない、いつも同じ方で噛んでしまうという方がいればこれから長く生活してことを考えた上で手術を考える事も有りかと考えます。矯正だと長い年月がかかりますが、手術であれば短期間で直すことも可能です。ただし、信頼できる病院、形成外科等をしっかり受診されることをおすすめします。人は生きていく中で必ず食事をする事が必須事項となってきます。そうなった時に噛み合わせがしっかりと出来、いざとなったときもしっかり踏ん張れる、そのためにも、もし自分の歯に悩みがある方は一度しっかり相談されてみてください。

噛み合わせの根治治療になる手術

噛み合わせの問題によって手術が必要になる場合もあります。上顎前突症や下顎前突症を始めとした、上下のずれによって生じる健康問題が予測されるからです。見た目にわかることを悩んで外科的治療をする方もいますし、食事が不便になり健康に問題が生じる、また話しにくいなどの問題も起こると考えられています。マウスピースなどを着用しても改善できないケースでは、骨の形や大きさが原因となっているので、根治のために手術を行うことになるでしょう。噛み合わせの外科的治療では上顎前歯部歯槽骨切術を含め5種類程度に分かれています。どの術式を用いるかにより、必要となる時間や入院期間、そして費用に相違があり、医師との相談が欠かせません。術後の生活ではしばらく柔らかいものを中心に食べるなどの不便もありますが、見た目にも悩みがなくなるためメリットは大きいと言えるでしょう。

噛み合わせと手術のメリット

手術と聞くと、大抵の方が不安など抵抗がありますよね。そこで、先ずは噛み合わせについてどのくらいの知識があるでしょうか。実は、噛み合わせひとつで色んな病気に繋がる可能性があります。また、顎の関節のズレからくる噛み合わせの問題・・・この関節のズレひとつで体の不調が出たりします。例えば、頭痛、肩こり等の体の痛み、今後長い目で見たときにその痛みの積み重ねが、辛い症状へと変化していってしまう恐れもあります。顎がカクカクする、顎が痛い、歯ぎしりが鳴る等の症状がある方、一致する症状はないでしょうか・・・この噛み合わせの改善を試みる手術には、時としてあなたの生活の助けになるかもしれません。また、ズレを改善することには美容にも関係してきます。顔の左右対称の歪み、その歪みからくる弛みやシワの改善に繋がります。特に、女性の方はいつまでも綺麗でいたいですよね。原因不明の体の不調に悩んでる方は一度、専門科に掛かってみるといいでしょう。